『みくさのみたから 生き心地よい皆元のすべ』WS参加~♪|八幡浜市で整体・リラクゼーション / ヒーリングスポットtruth(トゥルース)

truth

〒796-8004 愛媛県八幡浜市産業通5-41

09043384368

営業時間 13:00~21:00 /定休日 月曜日
※最終受付 19:00

ご予約 お問い合わせ

ブログ

『みくさのみたから 生き心地よい皆元のすべ』WS参加~♪

★講座★ 

FBで見つけたイベント『みくさのみたから 生き心地よい皆元のすべ』に行ってきましたニコニコ

整体指導もあるということで、楽しみにしていたのですが、私が考えていたものはとはちょっと違いましが、とても勉強になりました~ニコニコ

『みくさのみたから』~FB抜粋

『みくさのみたから』は、かつて誰もが身につけていた昔ながらの術。

漢医学や西洋医学が入ってくるはるか前から人びとのあいだで自然と用いられていました。

痛いとき、苦しいとき、名病みが生まれたとき、生き心地よく 楽になるすべを、直に、すぐに、自分のいのちから 引きだす術でもあります。

日ごと気楽に充ちたりて、心地よく暮らす元気の術。芸術、療術、武術など、あらゆる術のみなもとの術。

「たなそえる」「ましないかしる」「ちのみちとおす」みっつでひとつの みたからをやさしく 身につけ 取りもどす集いです。

身につけているか、いないかで、生き心地にも、人づきあいにも、医療費にも、ぐっと差が出ます。

みくさのみたから ってどんな術はてなマーク

ひとつ

誰にでも すぐにやさしく身につけられていつまでも楽しく続けられる みっつでひとつのすべ、日ごとお互いに生き心地よく活かしあって暮らしていく 昔ながらのすべ。

ふたつ

いたみ くるしみ なやみが生まれたときどうしたら 今すぐにもっとよろこばしく たのしく おもしろくなれるか身ずから いのちとつながって、いのちから直に こたえを得るすべ。

みっつ

なりたいときには いつでもどこでも神之依代(かみのよりしろ)になれるよう日ごろから 互いにしたくを 楽しんでおくすべ。
かみさまの心地を味わいながらいのちまるごと まつりやうたげを 楽しめるすべ。

飯田茂実(いいだ・しげみ)
演出家・ダンサー・小説家1967年信州諏訪生。

民話の語り部だった祖母に育てられる。幼少期より、柔術、鍼灸、和歌、舞踊、和太鼓など、様々な伝統術を学び「みくさのみたから」を身につける。
二十歳で志をいだいて故郷をはなれ、京都大学で世界文学を、南禅寺で禅を学ぶ。
大野一雄・大野慶人の助手を務めてダンスと演出を学び、ピナ・バウシュとアラン・プラテルの知遇を得て、ドキュメンタリー・ダンス・シアターの創作をはじめる。
1998年よりマルチ・アーティストとして国際的に活躍、19カ国に招かれて創作・公演をおこない「人間アート・センター」「シャマン・イイダ」と称される。ダンス・音楽・美術・シアター・文学・療術など、様々なジャンルを身ずから統合していく活動は、学術的な研究対象にもなり、国際的に高く評価されている。著書に『一文物語集』『ダンスの原典』『とっておき名短篇(宮部みゆき・北村薫選)』など。

 

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございます。すばらしい出会いに感謝します。いいことがありますように。

ページトップへ戻る